専業主婦がカードローンを利用するために

自身には収入がなく、配偶者の安定収入で生活を送る専業主婦の方は、消費者金融でのカードローンキャッシングの利用は出来ません。制度としては配偶者貸付によって利用ができるようにはなっていますが、実際には大手の消費者金融のほとんどは本人に収入が無い方は申し込みが出来ないようになっています。

 

 

専業主婦はお金が借りられないのかと頭を抱えてしまいますが、そうではありません。専業主婦の方は消費者金融が利用出来ないだけであり、銀行のカードローンの一部であれば配偶者の安定収入があれば利用が出来るようになっています。

 

配偶者の安定収入が必要とは言っても、同意や確認が必要となるわけではありません。内緒で専業主婦の方もお金が借りられるようになっていますので、少額の利用であれば対応をする銀行のカードローンに頼ってみると良いでしょう。

 

専業主婦が利用する際の在籍確認

主婦の方でもカードローンは利用できるのですが、その場合には審査においての収入チェックは夫の給料を頼りにすることになります。自身で収入を得ていないケースは間違いなくそうなるでしょう。夫の収入を見て十分と判断されれば審査に通ることはありますが、この場合になるのが在籍確認です。

 

在籍確認というのは、勤め先の会社に電話をして本当にそこで勤務しているのか?ということを確かめるために行うのですが、働いている人は自分の勤務先に電話がいきます。ただ、働いていない人、特に専業主婦の人の場合には、特にどこにも連絡がいくわけではありません。

 

ただ、中には配偶者の同意や確認を必要とする場合もあり、事前に了承を得ていれば問題ないのですが、夫に内緒でカードローンを利用して借りたいという場合には、これが問題になります。夫の知らないところで、夫の勤務先に電話がいくわけですから、カードローンを妻が利用していると気付く可能性はなくはないです。

 

したがって、一番良いのは夫に先に話しておくことでしょう。夫婦のお金の問題なので、使い道や借り入れに関してはやはり相談して決めるなど、お互いが知ったほうが信頼関係にもつながります。

 

それか電話連絡をしない会社を利用するという方法もあります。これはインターネットから必要な書類などを画像にして送ることで、電話連絡なしで、お金が借りられるパターンで、一部そういう会社もありますから、どうしても夫に内緒で借りないといけない事情がある場合には、そういう会社を探して利用してみてはいかがでしょうか。

 

実際にはほとんどの銀行カードローンで配偶者の同意も確認も不要なので、専業主婦の方でも安心してカードローンが利用できます。低金利で借りられる最短即日のみずほ銀行カードローンも専業主婦が内緒でお金が借りられるようになっているので安心です。

 

カードローンの上手な利用を検討する

現在、クレジットカードのキャッシング枠を利用されている方は、一度カードローンの契約を申込み、審査が通るかを試してみる価値があります。同じように、お金を借入するのであれば、金利は低ければ低いほど良いのは明らかで、また借入限度額も大きいほど、後々の融通が利きます。

 

一般的には、消費者金融系カードローン、銀行系カードローンでも、クレジットカードのキャッシング枠で設定されている金利より低く抑えられます。クレジットカードのキャッシング枠では、最大でも80万円や100万円までの限度額に設定されていますが、限度額については、カードローンの場合、最大で500万円~1000万円といったものまで設定が可能です。

 

この限度額については、年収の1/3以下にしなければならないという総量規制というものがありますので、ご自身の年収によって決まります。しかし銀行系のカードローンについては、総量規制対象外となりますので、年収もさることながら、その方の信用度によって、大きく設定されることがあります。

 

このカードローンの低金利、大きな限度額を利用し、クレジットカードの高い金利のキャッシング枠の利用から、切り替えて返済金額を抑えることのご検討を進めることをお奨めします。

 

限度額で借り入れ先を選ぶなら、最高800万円までの枠が用意されているオリックス銀行の限度額に注目をしてみましょう。審査によって限度額が決まりますが、安定した収入があれば大きな金額が低金利で借りられるので助かります。